1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. ヒメジョオン
【科名】
キク科
【和名・別名】
姫女苑 Erigeron annuus
【撮影日時】
2015年6月1日(月)/10時03〜32分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間大平道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
初夏から道路沿いや荒地でヒメジョオンが咲き始めてきます。夏を代表する雑草のひとつでしょう。
この花はハルジオンとよく似ています。判別のポイントは茎にあります。茎が中空だったらハルジオン。白い髄があればヒメジョオンです。花の形はまったく同一で見分けがつきません。
ヒメジョオンは、花期の長い草花で、群生するのが一般的です。
ヒメジョオン

ヒメジョオンは、道沿いでは、隙間もないほど群生することもあります。ほかの雑草を寄せ付けません。

ヒメジョオン頭花・葉

先端部には、多数の直径2センチほどの頭花をつけます。

ヒメジョオン頭花・茎・葉

ヒメジョオンは、北アメリカ原産の1〜2年草です。開花時期は、5〜10月とされています。

ヒメジョオン頭花

開花すると、昆虫が蜜を求めてやってきます。全般的に高さは、30〜100センチで、中には、1メートルを超えるものもあります。

ヒメジョオン茎・葉

下部の葉は、披針形で縁には鋸歯があります。茎には、白い毛が多くあり、茎を切ると、白い髄があります。

2013.12.15〜