1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. ハマナデシコ
【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
浜撫子/別名フジナデシコ Dianthus japonicus
【撮影日時】
2017年6月16日(金)/10時10分〜10時37分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西鞍勇道沿い、住吉下能野国道58号線沿い
【名前の由来】
浜辺に咲くナデシコによります。
【コメント】
ハマナデシコは、海岸に近い場所に生える多年草です。ています。紅色の鮮やかな花びらが、とても印象的です。
光沢のある葉と緑の調和が何とも言えません。
ハマナデシコ

ハマナデシコは、通常、浜辺に近い場所に生えていますが、内陸部でも見かけます。高さは、50センチ前後です。開花時期は、6〜10月です。

ハマナデシコ集散花序

茎の先端部に、直径約1.5センチの集散花序をつけます。花びらは5枚で、縁にはのこぎり状のギザギザがあります。

ハマナデシコ茎・葉

葉は対生し、写真の如く、濃い緑色の卵形で光沢があります。

ハマナデシコ茎・葉

写真の場所は、海岸に近い場所に生えたハマナデシコです。背丈は、25センチ前後です。道路の法面の傾斜地に根付いたものです。

ハマナデシコ花・白

白のハマナデシコです。写真の如く、花びらだけが白くなっています。おそらく、園芸品種の可能性があります。

ハマナデシコ茎・葉

場所によっては、茎や葉の色が薄緑色になっているものもあります。葉は対生しており、下部の茎は赤褐色になっています。

ハマナデシコ葉・茎

写真は、道沿いの草地に生えているものです。茎が8本あります。

2013.12.15〜