1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. アラゲハンゴンソウ
【科名】
キク科
【和名・別名・学名】
荒毛反魂草/別名キヌガサギク(衣笠菊)/Rudbeckia hirta var. pulcherrima
【撮影日時】
2015年6月21日(日)/10時19〜23分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町広ヶ野中之町線沿い
【名前の由来】
全体に粗い毛が生えているため付けられています。
【コメント】
アラゲハンゴンソウの原産地は、北アメリカといわれています。最近、種子島の各地で急速に繁殖しています。やがて、オオキンケイギクのように繁殖する恐れもあります。
道路沿いで咲いているので、かなり丈夫な花でもあります。中心付近は黒い色をしています。花びらもたいへん大きい草花です。花びらが大きいので、後ろに反り返るようになっているのも特徴です。
道路改善工事の後によく生えてきます。写真のアラゲハンゴンソウは、広域農道道端で写したものです。
アラゲハンゴンソウ

アラゲハンゴンソウは、花並びも非常に良くて観賞用として導入されたものです。それが、野生化して日当たりのよい野原や荒れ地、道端で急速に繁殖しています。

アラゲハンゴンソウ花びら

花びらの舌状花は、黄色で13枚前後、筒状花は黒に近い紫色で、円錐形の花床についています。

アラゲハンゴンソウ茎・葉

アラゲハンゴンソウの茎や葉を撮影したものです。密につけた粗い冠毛が確認できます。茎の各先端部に花をつけます。

アラゲハンゴンソウの群生

開花時期は、6〜9月です。種子島は暖地なので、これより早めに花を咲かせます。道端で群生する強害雑草です。

アラゲハンゴンソウ根元・茎・葉

根元部分を撮影したものです。基部で4本に分岐し、やや斜上しながら茎が伸びており、途中葉腋から枝分かれしています。

2013.12.15〜