1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. ムラサキカッコウアザミ
【科名】
キク科
【和名・別名】
紫夏告薊 Ageratum houstonianum Mill
【撮影日時】
2016年6月5日(日)/9時28分〜9時36分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町宝来道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
通常、道端のやや湿っぽい場所に生えている多年草です。ムラサキカッコウアザミの原産地は南米といわれています。
したがって、寒さに大変弱い草花です。写真でも分かるとおり、花は薄紫色で細く束になっており、背丈は30〜50センチくらいです。
初夏には、何と不思議なことに、アサギマダラが蜜を吸っているのです。
ムラサキカッコウアザミ

ムラサキカッコウアザミの花期は、6〜11月です。観賞用に導入されたものが野生化した帰化植物です。場所によっては、大きな群れをなすことがあります。

ムラサキカッコウアザミ葉・茎・頭花

葉や茎には、白色の長い軟毛が生えています。上部の葉は、くさび形で互生し、鋸歯があります。

ムラサキカッコウアザミ頭花

頭花は、直径6ミリ前後です。中心部は、薄紅色です。

ムラサキカッコウアザミ頭花・アサギマダラ

初夏には、北上ルートのアサギマダラが蜜を吸うために寄っていることもあります。種子島は中継点として重要な役割を持っています。【平成22年5月4日撮影】

ムラサキカッコウアザミ茎・葉・頭花

葉は下部では対生し、上部では互生しており、葉の付き方が違います。中ほどの葉は、長さ2〜6センチで鋸歯があり、卵形〜円形です。

2013.12.18〜