1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. ユリズイセン
【科名】
ユリ科
【和名・別名】
百合水仙 Alstroemeria psittacina Lehm
【撮影日時】
2015年6月21日(日)/8時41〜44分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市城上之原線道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ユリズイセンは、キツネノカミソリという花によく似ています。花びらの内側にたくさんの斑点があります。開花すると、蝶が寄り蜜を吸っていることもあります。
花は、赤黒いので落ち着いた雰囲気があります。どちらかというと、日当たりが悪く地面がやや湿った場所に生える多年草です。
種子島では、海岸に近い場所で、たくさん見かける草花ですが、内陸部でも生えています。
ユリズイセン

ユリズイセンの原産地は、ブラジル北部といわれ、観賞用に世界で広く栽培されているものです。種子島では湿った場所で野生化したものが多く見られます。

ユリズイセン花序・葉・茎

ユリズイセンの花期は、5〜7月で、高さは、30センチ〜約1メートルです。

ユリズイセン花序・葉

茎の先端部で花柄が分岐して、その先には序をつけます。花被片は6個、雄しべも6個あります。ひとつの茎に9個前後付けています。花の長さは、5〜7センチくらいです。

ユリズイセン群生

ユリズイセンは、群生というよりはグループで生えています。しかし、湿った場所ならどこでも見られるというものでもありません。

ユリズイセン花序・葉・茎

茎葉は葉柄がねじれているので、不思議なことに裏面が表を向くことが多いです。写真では少し分かりづらいです。

2013.12.21〜