ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 6月の草花 > カンナ

【 草花の諸データ 】

【科名】
アヤメ科
【和名・別名】
ハナカンナ
【撮影日時】
2015年6月19日(金)/9時25分〜13時34分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立山芦野、下西下石寺国道58号線沿い、中種子町星原浜津脇国道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

国道58号線沿いで、カンナが花を咲かせています。カンナは花期が大変長い草花で、一度咲くとず〜っと楽しむことができます。

特に西之表では石寺付近、下能野付近、そして中種子町では、牧川から浜津脇にかけて、野生化したカンナを楽しむことができます。

国道沿いで見れるカンナは、黄色とオレンジが混ざったものが主です。種子島の海岸付近を色鮮やかに演出してくれているカンナです。

カンナの原産地は、熱帯アメリカといわれています。日本には、江戸時代前期に、カンナ・インディカ(和名ダンドク)として渡来し、今では海岸近くで野生化しています。

黄色の花びらに斑点があるカンナ

カンナの花期は、7〜10月です。暖地の種子島では、これより早めに花を咲かせます。写真の黄色の花びらに斑点があるカンナは、品種不明とされています。

赤いカンナ

写真は、赤いカンナです。真っ赤に燃えるような情熱あふれる雰囲気が感じられます。

黄色とオレンジが混ざったカンナ

写真は、黄色とオレンジが混ざったカンナです。種子島の海岸付近で多く見られる普通のカンナです。

カンナ
オレンジ色のカンナ

海岸付近で群生しているオレンジ色のカンナです。国道58号線沿いでは、浜津脇付近で見られます。この付近には、ダンドクも自生しています。

カンナの群生

国道58号線下石寺の道沿いにあるカンナの群生です。付近一帯鮮やかに花を咲かせています。

2013.12.17〜