ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 6月の草花 > トキワススキ

【 草花の諸データ 】

【科名】
イネ科
【和名・別名】
常盤薄/別名カンススキ・アリワラススキ Miscanthus floridulus
【撮影日時】
2016年6月2日(木)/10時58分〜12時08分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉形之山、志和野、中種子町星原浜津脇国道58号線沿い
【名前の由来】
葉が常緑であるため付けられています。

【 生態状況 】

暖地の海岸付近で、初夏に花を咲かせてくれるトキワススキです。種子島では、東シナ海側で主に観察できます。

ススキといえば、秋を連想するのですが、トキワススキは一足早い秋の風情があります。

普通のススキに比べて、背丈が長いこと、広い線形の葉であることが特徴です。海岸付近でも立派な常緑です。背丈も2メートルを越える大型のススキです。

国道58号線沿いでは、車窓からも十分確認できます。

トキワススキの花期は、7〜8月とされていますが、種子島は暖地なので、5〜6月には開花しています。背丈も2メートルを超える大型の多年草です。

トキワススキの花序

トキワススキの花序は、30〜50センチで中軸は先端まで伸びています。

トキワススキの穂

海岸付近の林の縁で自生していることが多いです。風が吹くと穂が大きく揺られながら自然音を発します。

トキワススキ
トキワススキの群生

場所によっては、トキワススキの群生もあります。葉の幅は、1.5〜3センチです。

2013.12.21〜