ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 6月の草花 > ゲットウ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ショウガ科
【和名・別名】
月桃/シェルジンジャー、サンニン Alpinia zerumbet
【撮影日時】
2015年6月6日(土)/12時56〜57分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市上西大崎、中種子町増田犬城、ほか
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

ゲットウは、種子島で海岸付近から内陸部にまで自生するショウガ科の多年草です。

一般的に株を作るように群生します。クマタケランとともに、別名「かしわの葉」、「シャニンの葉」などと呼ばれており、クマタケランの代用になります。

葉でおにぎりを作って包み、食べる時いい香りがして、いっそう食がそそります。アウトドアでの昼食に、ゲットウ・クマタケランの葉はかかせません。

種子島では、中種子町の指定花になっています。

ゲットウの開花時期は、5〜7月です。枝垂れた花序を出します。クマタケランと比較してみてください。これが見分けるポイントになっているのです。また、鮮やかな深みのある緑色は、何とも素晴らしいことか。

ゲットウの花序

総状花序です。クマタケランとの違いは枝垂れることで見分けがつきます。

ゲットウのつぼみ

ゲットウの原産地は、中国南部、台湾、インド、マレーシアといわれています。写真は、花を包んでいる葉が開こうとしている状況です。

ゲットウの果実

場所によっては、7月中旬ごろになると、花は散り去り、次第に果実が熟してきます。夏の頃は、青いままの果実です。【平成23年7月16日撮影】

ゲットウの果実

秋になると、果実が次第に黄色くなってきます。これから気温の低下とともに、更に赤くなってくるのです。【平成23年10月8日撮影】

ゲットウ
ゲットウの群生

海岸付近では、巨大な株を作り、時には大きな群れをなします。【平成23年7月2日撮影】

ゲットウの赤い果実

海岸付近では、赤く熟すのが早いのでしょうか。ゲットウの枯れた果実です。開花が終わると次第に果実が赤く熟してきます。赤く熟したものは、生け花にも最適です。さらに、真冬になると果実が割れてしまい、中の種子が落下します。【平成22年10月16日撮影】

ゲットウの赤い果実

晩秋から初冬になると、赤い果実は、枯れ始め茶色に変色します。また、実も割れてきます。更に割れると、種子が落下します。そして、気温の低下とともに、葉も枯れてしまいます。【平成23年12月10日撮影】

平成25年6月16日(日)、西之表市国上浦田、湊、中種子町増田犬城で撮影した夏を彩るゲットウ(月桃)を収録しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
種子島の海岸付近で夏に花を咲かせるゲットウ 月桃 Alpinia zerumbet

2013.12.17〜