ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 6月の草花 > ゲットウ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ショウガ科
【和名・別名】
月桃/シェルジンジャー、サンニン
【撮影日時】
2015年6月6日(土)/12時56〜57分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市上西大崎、中種子町増田犬城、ほか
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

ゲットウは、絶滅危惧指定になっている植物です。鹿児島県では絶滅危惧1、環境省カテゴリーでは絶滅危惧A1となっています。今やほとんど自生しているものを見る機会がありません。

ゲットウは、通常、尾根間の谷間の湿地帯に自生しています。ゲットウの花期は、4〜7月といわれていますが、種子島は暖地なので、3月には花を咲かせると聞きます。しかし、場所によっては、開花に大きな差があります。

ゲットウの花は黄色の球形で、中心部は茶色に染まっており、雑木林の妖精とも言える雰囲気を持っています。

ゲットウの枝垂れた花序です。クマタケランと比較してみてください。これが見分けるポイントになっているのです。また、ゲットウの鮮やかな深みのある緑色は、何とも素晴らしいことか。

ゲットウの花序

ゲットウの花序です。クマタケランとの違いは枝垂れることで見分けがつきます。

ゲットウのつぼみ

ゲットウの原産地は、中国南部、台湾、インド、マレーシアといわれています。写真は、花を包んでいる葉が開こうとしている状況です。

ゲットウの果実

場所によっては、7月中旬ごろになると、ゲットウの花は散り去り、次第に果実が熟してきます。夏の頃は、青いままの果実です。【平成23年7月16日撮影】

ゲットウの果実

秋になると、ゲットウの果実が次第に黄色くなってきます。これから気温の低下とともに、更に赤くなってくるのです。【平成23年10月8日撮影】

ゲットウ
ゲットウの群生

ゲットウは株を作り、時には大きな群れをなします。海岸付近では、かなり群生しています。【平成23年7月2日撮影】

ゲットウの赤い果実

海岸付近では、赤く熟すのが早いのでしょうか。ゲットウの枯れた果実です。開花が終わると次第に果実が赤く熟してきます。赤く熟したものは、生け花にも最適です。さらに、真冬になると果実が割れてしまい、中の種子が落下します。【平成22年10月16日撮影】

ゲットウの赤い果実

晩秋から初冬になると、ゲットウの赤い果実は、枯れ始め茶色に変色していきます。また、実も割れてきます。更に割れると、種子が落下していきます。気温の低下とともに、葉も枯れていきます。【平成23年12月10日撮影】

平成25年6月16日(日)、西之表市国上浦田、湊、中種子町増田犬城で撮影した夏を彩るゲットウ(月桃)を収録しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
種子島の海岸付近で夏に花を咲かせるゲットウ 月桃 Alpinia zerumbet

2013.12.17〜