1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. キダチハマグルマ
【科名】
キク科
【和名・別名】
木立浜車 Wadelia biflora
【撮影日時】
2016年6月5日(日)/11時06分〜11時13分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町梶潟海岸
【名前の由来】
浜辺を覆い尽くすように、また、他の植物に絡みつくように伸びていることで付けられています。
【コメント】
暖地の海岸付近に自生するキダチハマグルマです。地面を這ったり、他の物に絡みつき這い上がるように群生しています。
ハマグルマの葉に比べて、二まわりも、三まわりも大きいのが特徴です。キダチハマグルマの花びらは、2〜3センチくらいで、風にも弱いのか、花並びもよくありません。
ハマグルマとの違いも簡単に判別できます。
キダチハマグルマ

キダチハマグルマは、つる性の多年草で海岸付近で大群生します。花期は、4〜9月とされますが、通年花を咲かせているようです。

キダチハマグルマ花・茎

海岸近くで咲く花なので、花並びが極端に悪いです。風雨によって、、花の傷みが激しいです。

キダチハマグルマ葉・茎

葉の大きさは、長さ10センチを超える大きな卵形です。幅は、6センチ前後です。

キダチハマグルマ多数の頭花

海岸付近では、隙間もないほどに群生する多年草です。葉腋から枝が出てその先端部に黄色の花をつけます。直径2〜3センチです。

キダチハマグルマ群生

海岸付近では、覆いかぶさるように一面群生しています。その群生に圧倒されます。

2013.12.15〜