ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 6月の草花 > ドクダミ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ドクダミ科
【和名・別名】
別名/ジュウヤク(十薬・重薬)
【撮影日時】
2016年6月3日(金)/10時39分〜10時42分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市伊関沖ヶ浜田広域農道沿い
【名前の由来】
毒や痛みに効果があるとされ、毒痛みがなまり由来となっています。

【 生態状況 】

種子島では、ドクダミは5月になれば咲き始めてきます。写真では、6月上旬ですので、すでに開花しています。

総苞は4枚で、直径は3.5センチ前後の純白です。薬草の代名詞で、近づくと独特の臭いが漂っています。

毒や痛みに効果があり、健康ブームに乗ってドクダミ茶なども売り出されています。

葉は緑になっていますが、下になるほど茶色に変色したように模様が見られます。

ドクダミの花期は、6〜7月です。道沿いや空き地など、普通に生える多年草です。背丈は、15〜30センチです。

開花したドクダミ

ドクダミを真上から撮影したものです。葉は、互生し長さは約5センチです。そして、先端部はとがっています。

ドクダミ

利尿、消炎作用など民間薬として重宝されています。全体的に独特の臭気があり、茎も赤みを帯びています。

ドクダミ
ドクダミの群生

ドクダミは通常蜜に群生します。白い花びらに見えるのは、総苞片といわれるものです。日当たりの悪い、少し湿地帯に生えます。

2013.12.21〜