1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. ハマナタマメ
【科名】
マメ科
【和名・別名】
浜鉈豆 Canavalia lineata
【撮影日時】
2016年6月3日(金)/10時06分〜10時20分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市伊関浜脇海岸、上古田海岸
【名前の由来】
実が鉈のような形をしているところから名前がつけられています。
【コメント】
大形のつる性の草で、地面を這うように生息しています。花びらの大きさは3センチほどで、ピンク色が鮮やかです。やがて実が付き熟していきます。
写真のハマナタマメは、海岸で撮影したものです。ほかの植物と自生しています。
ハマナタマメ

ハマナタマメの花期は、6〜9月と言われています。夏の海岸で花を咲かせます。場所によっては、大きな群れで生えています。

ハマナタマメ葉・花

葉は、3つの小葉からなり、その大きさは3〜6センチの卵形です。花の直径は3センチ前後です。

ハマナタマメ葉・花

ハマナタマメの葉の形状は、ハマアズキによく似ています。ややハマナタマメが厚いようです。

ハマナタマメ葉実・花

8月になると、約5センチの果実をつけます。この時期は、花や果実を同時に観察できます。【平成22年8月16日撮影】

ハマナタマメ果実・花

すでに小さな果実が多数ついています。これが約5センチに成長します。花は。薄紫色になっています。【平成22年8月16日撮影】

2013.12.15〜