1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. ムラサキエノコログサ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
紫狗尾草/Setaria viridis forma misera
【撮影日時】
2015年6月29日(月)/16時10〜13分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎
【名前の由来】
花序の剛毛が紫色に見えることに由来しています。
【コメント】
ムラサキエノコログサは、日当たりの 良い草地や道端或は畑の中で生えている1年草の草花です。
高さは30〜70センチくらいです。茎は 基部で分枝しで立ち上がります。
ムラサキエノコログサは、エノコログサの花序の剛毛が紫褐色の品種です。花期は、8〜11月といわれています。
ムラサキエノコログサ

ムラサキエノコログサは、場所によっては、大きな群れをなすことがあります。日当たりのよい畑の中でよく見られます。

ムラサキエノコログサ穂状花序

ムラサキエノコログサの花序です。剛毛が紫褐色に見えるのが特徴です。

ムラサキエノコログサ群生

種子島は暖地なので、7月には見られます。根元の基幹部が紫色に帯びています。

ムラサキエノコログサの群生

畑の中で生えていると、雑草です。周辺に群生しています。

ムラサキエノコログサ根元・茎・葉・花序

葉は、長さ10〜20センチ、幅は0.5〜2センチの線形です。根から分岐します。その先端部に穂状花序をつけます。

2015.7.11〜