1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. アオノクマタケラン
【科名】
ショウガ科
【和名・別名・学名】
青野熊竹蘭/Alpinia intermedia
【撮影日時】
2015年6月21日(日)/9時02〜15分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西鞍勇市道沿い、中種子町牧川道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ヤブミョウガに似ていますが、花びらの下の茎が短いので区別がつきます。白い花びらにピンク色の線があり鮮やかです。
日当たりが悪く、湿っぽい杉林のなかで、群生していることが多い草花です。今がちょうど見ごろでしょうか。
山間部の道沿いで、車窓からも十分確認できます。
なお、アオノクマタケランは、お盆用のマキを包む葉に利用されています。その作り方は、ここで紹介しています。
お盆のマキの作り方・食べ方
アオノクマタケラン

アオノクマタケランは、通常、里山の道沿いで多く見かけます。株を作るかのように群生していることもあります。

アオノクマタケラン総状花序

茎の先端部に総状花序をつけ、花を多数咲かせます。種子島では、海に囲まれているので、内陸部でも確認できます。【平成23年7月3日撮影】

アオノクマタケラン赤い果実

開花が終わり、秋を過ぎると、果実が次第に熟してきます。果実が熟し赤く変色し始めると、野鳥の餌にもなったりします。初冬の山間部の道沿いで赤い果実をよく目にします。 【平成23年12月4日撮影】

アオノクマタケラン群生・葉・総状花序

日当たりのよい雑木林の縁付近で群生していることもあります。日当たりが良いせいか、葉や茎が黄色くなっています。

アオノクマタケラン群生・葉・総状花序

杉林で多く見かけます。葉は、光沢があります。花序は、枝垂れることはありません。杉の根元付近で株を作りながら通常。群生しています。

平成25年6月23(日)、西之表市岳之田、鞍勇、中種子町増田で、夏にかけて花を咲かせたアオノクマタケランを撮影したものです。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
種子島の里野道で夏にかけて咲く花アオノクマタケラン 青野熊竹蘭 Alpinia intermedia

2013.12.15〜