ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 6月の草花 > クワズイモ

【 草花の諸データ 】

【科名】
サトイモ科
【和名・別名】
食わず芋 Alocasia odora
【撮影日時】
2017年6月19日(月)/10時16分〜10時20分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田屋久川林道沿い
【名前の由来】
サトイモに似ているが、食用にならない芋ということに由来します。

【 生態状況 】

クワズイモは、日当たりが悪く、湿っぽい場所で、大量群生する常緑性の多年草です。中には、1メートルを超える大型も見かけます。

夏に花序を出していきます。その様子を写真中央付近に確認できます。鉢植えなど、何といっても観賞用の植物として、根強い人気があります。

種子島のクワズイモ素敵ですよ。

クワズイモの開花時期は、4〜7月です。背丈は、通常、1〜1.5メートル前後が多いです。海岸の波打ち際付近まで生えていることがあります。石の間に根を張りだし丈夫に生えています。

クワズイモ肉穂花序

花は、サトイモ科特有の肉穂花序です。仏炎包は、長楕円卵形で、長さ9センチ前後です。その下は、筒状で花軸を包み、中央付近が膨らんでいます。

クワズイモ肉穂花序・葉柄

葉柄は、太くて丈夫で長さは60センチ以上です。すでに仏炎苞は、枯れているものもあります。

クワズイモ葉

葉柄の先端に30センチ以上の巨大な葉をつけます。脈もはっきりしており、縁は大きく波打っています。

クワズイモ
クワズイモ初期の葉

写真は、葉の初期の状況です。鋭い円錐状をして巻きついています。それが、ほどけて通常の平たい葉になります。

クワズイモ群生

通常、杉林で群生しています。巨大な根がむき出しなっていたり、曲がりくねっていることもあります。

2013.12.17〜