1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. ソクズ
【科名】
スイカズラ科
【和名・別名】
別名/クサニワトコ,Sambucus chinensis
【撮影日時】
2015年6月20日/11時33〜38分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉志和野国道58号線沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ソクズも咲き始めてきました。夏から秋にかけて咲く草花です。緑鮮やかな草花で、群生して咲き乱れます。やや湿っぽい場所に自生しています。
葉には鋸歯があり、花は白く多数つけています。やがて球形の果実をつけて熟しています。種子島では、海岸に近い場所や、内陸部でもたくさん見ることができます。
ソクズ

海岸に近い場所に生えている国道沿いのソクズです。高さは、約1.5メートルの多年草の草花です。花期は6〜8月です。

ソクズ花

種子島は暖地なので、6月には花を咲かせています。その花の蜜を求めて害虫などが集まってきます。

ソクズ花

ソクズの花は、全体的に白ですが、まばらに黄色の杯状の腺体があります。害虫の外に蝶も多く寄り集まってきます。

ソクズ花序

花の色は白で、直径は3〜4ミリ、花冠は5裂しています。中心部の黄色の部分に密を貯めているという。それに昆虫が集まってきます。

ソクズ群生

地下茎で増えることから、増殖も旺盛です。付近一帯群生しています。

2013.12.21〜