1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 6月の草花>
  4. ハマユウ
【科名】
ヒガンバナ科
【和名・別名・学名】
浜木綿/別名ハマオモト/Crinum ajiaticum var. japonicum
【撮影日時】
2015年6月19日(金)/12時40分〜13時20分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉海岸、国上大久保海岸、伊関小浜海岸
【名前の由来】
***
【コメント】
ハマユウは、海岸付近に自生し、夏の夕暮れとともに花が開花します。真夜中に満開になるのが特徴です。そして、花は独特の強い香りが漂っています。
高さは60センチぐらいで、本体の横から茎が出て花を咲かせています。種子島の各地で開花し、海岸を白く彩ってくれます。
ハマユウ

海岸の波打ち際付近で花を咲かせています。夜間に開花するので、昼間は、花を咲かせていますが、少し元気がありません。

ハマユウ花

花びらに近づくと、独特の強い香りが漂ってきます。花被片は6つで、7〜8センチの線形で反り返っているのが特徴です。

ハマユウ根・茎

海岸の場所によっては、生えている様子もいろいろです。ご覧のように、根部分がむき出しになっているのです。丈夫そうな細い根が多く出ています。見るからに頑丈に見えます。

ハマユウ葉・花

真冬になると、果実は直径2センチ程に白くなります。軽いので、水に浮きそれが海流で運ばれるといわれています。

ハマユウ果実

真冬の海岸です。写真下左右に白い石ころみたいなものがありますが、これは果実です。中は、ほとんど空洞になっており、軽くなっています。【平成24年2月20日撮影】

ハマユウ葉・果実

晩秋のハマユウです。海岸の石の間に生えているものです。風雨によって、葉も相当傷んでいます。黄色く色あせているのも特徴です。また、石の間に生えているので、茎が長くなっています。自然に対応しているんですね。【平成23年10月29日撮影】

ハマユウ

暖地の海岸に生える常緑の多年草です。葉は、長さ30〜70センチで、幅は10センチ前後で先端部はとがり谷折りで波打っています。

平成25年6月23、30日、西之表市花里浜海岸、国上西浦海岸、住吉海岸で撮影した夏に花を咲かせたハマユウを収録しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
種子島の海岸で夏に花を咲かせたハマユウの美しい風景 浜木綿 Crinum ajiaticum var. japonicum

2013.12.15〜