1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. オオキンケイギク
【科名】
キク科
【和名・別名】
大金鶏菊 Coreopsis lanceolata
【撮影日時】
2016年5月13日(金)/13時52分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町熊野海岸
【名前の由来】
***
【コメント】
5月に入りオオキンケイギクが、一斉に咲き乱れてきました。オオキンケイギクは、日本全国の道路沿いに、これから咲くものと思われます。
現在、種子島でも満開を迎えています。オオキンケイギクの特徴は丈夫さがウリかもしれません。雨風にも強く、また排気ガス等にも強いといわれています。
鮮やかな山吹色で国道58号線沿いも華やかになっています。約1ヶ月間オオキンケイギクを楽しめます。
しかし、オオキンケイギクは、繁殖率が強く、ほかの植物にも影響を及ぼすとされ、危険植物に指定されています。
オオキンケイギク

オオキンケイギクの原産地は、北アメリカといわれており、かつて栽培されたものが野生化したものです。花期は、5〜7月です。

オオキンケイギク花びら

オオキンケイギクの花びらは、直径5〜7センチで数本の管状が集まり一つの花として見えます。そして、花びらは、鋸歯状になっています。

オオキンケイギク群生

種子島でも急速に増殖しており、ここ熊野海岸でも広く群生しています。

オオキンケイギクの群生

風景的には、黄色のコスモスの花に似た様子で咲いているので、きれいだと思われますが、他の植物の生態系に重大な影響を及ぼすとして、危険植物になっているのです。

オオキンケイギク頭花

キク科の多年生草本で、高さは、30〜70センチ程度です。根生葉は、長い柄があり、3〜5小葉に分裂し、粗い毛があります。頭状花は、直径5〜7センチ、舌状花は橙黄色で、花冠の先には歯状のきざみがあります。

2013.12.15〜