1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. ダイアンサス
【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
四季咲きナデシコ Dianthus hybrids
【撮影日時】
2008年5月4日/10時53分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町・南種子町島間牛野入口付近
【名前の由来】
***
【コメント】
2007年から2008年に県道沿いで、ダイアンサスを写していたものです。ダイアンサスの原産地は、ヨーロッパといわれています。
特徴は、寒さに強いので、育ちやすい長所があります。園芸種でも大変人気があります。
ところで、大型の有害植物の増殖で、小型の植物を絶えさせています。ダイアンサスもそのひとつです。
ダイアンサス

道路改善工事のあと、よく咲いてくる草花です。鮮やかな赤です。このほか、ピンクや白もあります。

ダイアンサス花

ダイアンサスとは、ナデシコの総称を呼ぶ言葉とされています。したがって、ハマナデシコやヒゲナデシコも、もちろん総称しています。

ダイアンサス花

高さは、30〜50センチです。その茎の先端部に多数の花を咲かせます。ナデシコの花は、鮮やかで、可愛らしい花びらです。

ダイアンサス花

セイタカアワダチソウやオオキンケイギクの増殖で、ナデシコも絶えています。今もなお、県道沿いで見れるかは不明です。

ダイアンサス花

花は、頂部に上を向けて咲き、花弁の縁にはギザギザが入ります。

2013.12.21〜