1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. ハルジオン
【科名】>
キク科
【和名・別名】
春紫苑 Erigeron philadelphicus L
【撮影日時】
2007年5月19日/16時37分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町長谷野
【名前の由来】
***
【コメント】
ハルジオンは春を代表する草花で、北アメリカ原産の多年草です。ヒメジョオンに比べて自生の少ない野草です。
ハルジオン、ヒメジョオンともに別名「貧乏草」などと呼ばれることもあります。最近、ハルジオンは、どこでも見かけることがない草花です。
ハルジオン

ハルジオンの開花時期は、5〜7月です。大正時代に園芸品種として導入されたものです。それが、全国で野生化しています。

ハルジオン花・茎

高さは、30〜90センチです。茎は、中空になっており、これがヒメジョオンと見分けるポイントになります。

ハルジオン花・茎

茎の途中から花柄をだし、2〜2.5センチの頭花をつけます。

ハルジオン花・茎

花びらは上を向いていますが、つぼみは下を向いています。これも見分けるポイントです。

ハルジオン群生

写真は、畑で群生しているものです。

2013.12.15〜