1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 7月の草花>
  4. カラムシ
【科名】
イラクサ科
【和名・別名】
南蛮茎蒸/別名マオ、クサマオ Boehmeria nivea var. nipononivea
【撮影日時】
2016年7月24日(日)/83時32分〜8時34分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上県道581号線沿い、古田村之町道沿い
【名前の由来】
茎を蒸して、繊維を取り出していたことで、名前が付けられています。
【コメント】
種子島の各地の道沿いや水田の土手付近で、群生しているカラムシです。道沿いの雑草では、大型のものです。1メートルを超えるのも見かけます。
カラムシの特徴は、葉の裏側が白いことです。これが見分けるポイントになっています。
昔は、茎を蒸して、繊維を取り出していたといいます。それが名前の由来にもなっています。
カラムシの葉に害虫がたくさん寄り付いてきます。
カラムシ

カラムシの開花時期は、7〜9月です。人里付近に群生する多年草です。昔から、上質の繊維が採れる織物が作られています。

カラムシ葉・茎

写真のカラムシは、高さ1メートル前後です。葉は柔らかいので、虫に食われていることが多いです。

カラムシ葉

写真は、カラムシの先端部の葉を撮影したものです。鋭い鋸歯があります。また、表面はざらついています。

カラムシ茎・葉

写真は、カラムシの茎や葉の柄を撮影したものです。葉の柄は、やや赤みがかっています。

カラムシ穂状花序

10月になると、雌花は球状に集まり、それが穂状になります。【平成22年10月9日撮影】

2013.12.17〜