1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 7月の草花>
  4. ヤブマオ
【科名】
イラクサ科
【和名・別名】
藪麻苧 Boehmeria japonica
【撮影日時】
2016年7月15日(金)/12時35分〜12時41分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田古房県道76号線沿い、西之表市古田村之町旧県道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
山野や通常の道端で見かける大型の多年草です。変種も多く見分けにくい野草でもあります。
ヤブマオ

開花時期は、7〜10月です。高さは、1メートル以上です。日当たりのいい場所で群生します。ほかの雑草を寄せ付けません。

ヤブマオ葉・茎

葉は対生し、表面はざらつき縁にはやや大きい鋸歯があり、先端は少しとがっています。

ヤブマオ茎付近の雄花序

根元に近い部分の茎付近の雄花序です。花序の長さは、10センチ以上あります。【平成23年7月16日撮影】

ヤブマオ茎の先端部の雌花序

茎の先端部の雌花序です。全般的に白い毛が多く生えています。花序の長さは、やはり10センチ以上あります。【平成23年7月16日撮影】

ヤブマオ群生

ヤブマオは、群生というよりはグループで生えています。通常、道沿いでは、傾斜して生えています。

2013.12.21〜