1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 7月の草花>
  4. モロコシソウ
【科名】
サクラソウ科
【和名・別名】
唐土草 Lysimachia sikokiana Miq.(Primulaceae
【撮影日時】
2016年7月15日/13時46分〜13時52分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安城大野林道沿い
【名前の由来】
昔の人が外来の帰化植物と誤解して唐土(もろこし)と付けたといわれます。
【コメント】
モロコシソウは、日本の本州以南、四国、九州、沖縄、台湾に分布する多年草の植物です。
種子島では、里山の奥深い林道沿いで見かけます。
モロコシソウの乾燥させたものは、カレー風の匂いを発し、衣類などの防虫剤として利用されています。
大変珍しい植物のひとつです。
モロコシソウ

モロコシソウの花期は、7〜8月です。種子島では、人里離れた奥深い林道沿いで見かけます。川沿いで自生していることが多いです。

モロコシソウ

葉は互生し、葉腋に黄色の花を、下向きに1個つけます。葉には、柄があります。

モロコシソウ

花冠と萼は、5裂します。花の直径は、1.5センチほどです。

モロコシソウ

高さは、20〜40センチほどです。すでに、緑色の球形の果実をつけています。

モロコシソウ

道沿いで、やや湿り気があり、苔などが生えている場所で見かけます。葉は、披針形で、5〜10センチです。少し光沢があります。

2016.9.30〜