ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 7月の草花 > キンゴジカ

【 草花の諸データ 】

【科名】
アオイ科
【和名・別名】
金午時花 Sida rhombifolia L
【撮影日時】
2017年7月7日(金)/10時50分〜11時10分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城小牧野道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

キンゴジカは、道端、空き地などやや湿っぽい場所に生える多年草です。種子島が北限とされるが、近年本土でも帰化されているという。

特徴は、花びらにあります。普通の花びらは、左右対称になっているのですが、キンゴジカは非対称になっているのです。たいへん珍しい草花ですね。

また中心部周辺のオレンジ色の輪が目立ちます。何といっても、非対称な花びらが、印象に残ります。

開花時期は、5〜9月です。背丈は、25〜118センチです。

キンゴジカ花

葉腋から花柄を出して、その先端部に花を1個つけます。その大きさは、直径1.5〜2センチです。

キンゴジカつぼみ

この時期は、つぼみの状態がほとんどです。梅雨が明けるころ一斉に開花します。

キンゴジカ茎・小枝

写真は、茎と小枝です。暗褐色に染まっています。また、よく枝分かれしています。

キンゴジカ
キンゴジカ花

非対称的な花びらが何とも不思議な雰囲気を与えてくれます。

キンゴジカ群生

群生することもあります。葉の大きさは、長さ2.5〜4.5センチ、幅は7〜27ミリの披針形から卵形の大きさです。

2013.12.17〜