1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 7月の草花>
  4. キキョウ
【科名】
キキョウ科
【和名・別名】
桔梗/Platycodon grandiflorus
【撮影日時】
2015年7月12日(日)/7時33〜38分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市鞍勇市道沿い
【名前の由来】
桔梗を音読みしたものといわれています。
【コメント】
キキョウは、通常、日当たりのよい草地に生える多年草です。秋の草花として昔から親しまれています。
こちら種子島でもたくさん見れるものかと思っていましたが、意外に少ない草花だと分かりました。
根は薬用にも利用されています。また、秋の七草のひとつです。花並びが素敵なキキョウです。
キキョウ

キキョウの開花時期は、7〜9月です。種子島では、6月下旬ごろから花を咲かせます。

キキョウ開花前の花びら

写真は、開花前の花びらです。最初は、クリーム色で真上から見ると、すでに五角形になっています。

キキョウ密に咲かせた花

写真は、密に花びらをつけています。これほど花をつけたものは、なかなか見る機会がありません。【平成21年8月8日撮影】

キキョウ花

先端部を撮影したものです。すでに開花した花びら、これから花を咲かせるつぼみなどが観察できます。なお、葉は、互生し、鋭い鋸歯があります。

キキョウ茎・花・つぼみ

茎のやや上部で、枝分かれしてその先端部に頭花をつけます。花冠の直径は、4〜5センチで5裂になっており、色鮮やかな濃い紫色をしています。日当たりのいい場所ですが、やや日陰に生えています。

2013.12.17〜