ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 7月の草花 > クマノギク

【 草花の諸データ 】

【科名】
キク科
【和名・別名】
熊野菊/ハマグルマ
【撮影日時】
2015年7月12日(日)/9時39分〜10時26分
【撮影場所】
鹿児島県南種子町平山浜田県道75号線沿い
【名前の由来】
和歌山県熊野地域で発見されたためとされています。

【 生態状況 】

種子島でもごく僅かに見られるクマノギクです。海岸近くや内陸部ではやや湿った道沿いなどでも見られます。高さは20センチくらいです。

特徴として、花びらがやや後方に反り返っていることです。場所によっては、少し群生していることもあります。

クマノギクは、場所によっては、大きな群れをなすことがあります。道沿いの水路付近は湿っぽいですので、群生しやすいです。

クマノギクの花

クマノギクの花期は、5〜10月です。花を咲かせると昆虫類がたくさん集まってきます。

クマノギクの花

クマノギクは直立して花を咲かせます。花びらが整っているものは少ないです。海岸のネコノシタの花びらによく似ています。

クマノギクの群生
一輪のクマノギクの花

クマノギクの草丈は、20センチ前後です。茎の先から長い柄を出し花径2〜2.5センチ程の黄色い花を一輪咲かせます。

2013.12.17〜