1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 7月の草花>
  4. メリケンムグラ
【科名】
アカネ科
【和名・別名】
米利堅葎/Diodia viriginiana
【撮影日時】
2015年7月12日(日)/12時08分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町坂井原尾道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
道沿いで花を咲かせていたメリケンムグラです。やや湿っぽい場所の草むらです。白い花が目につきます。
花の高さは、20〜30センチ前後です。やや湿っぽい場所です。花びらは4枚で純白です。白いヒゲがたくさん付いています。
チョウジタデによく似ていますが、花びらの色が違います。写真でも分かるとおり、茎にもヒゲがたくさんあります。
メリケンムグラ

メリケンムグラは、北米原産の1年草の帰化草花です。道沿い以外では、水田の畔、水路付近、池など水気のある場所で見かけます。

メリケンムグラ白い花

メリケンムグラの白い花びらです。白い微毛があるのが特徴です。

メリケンムグラ茎・葉・花

高さは20センチくらいです。ひとつの茎に2〜4個の花をつけています。

メリケンムグラ茎・花・葉

葉は無毛で対生しています。先端部は鋭くとがっています。その葉の付け根に花を咲かせています。

メリケンムグラ茎・花

上部の葉は、薄緑ですが、それ以外は暗緑色です。少し光沢があります。

2013.12.18〜