1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 7月の草花>
  4. オニユリ
【科名】
ユリ科
【和名・別名・学名】
鬼百合/別名テンガイユリ(天蓋百合) Lilium lancifolium
【撮影日時】
2017年7月12日(水)/13時31分〜13時34分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田二十番道沿い
【名前の由来】
花を赤鬼の顔に見立てたもの。
【コメント】
オニユリは、元々鱗茎を食用にするために渡来したといわれています。したがって、栽培されたものが野生化したとされます。
種子島では、人家近くでオニユリを見かけます。
オニユリ

オニユリの開花時期は、7〜8月です。暖地種子島では、6月には開花します。コオニユリに比較して、全体的にひと回り大きいです。そして、花の色がやや赤黒いです。

多くの花やつぼみをつけたオニユリ

花は下向きに咲かせます。花の直径は、10〜12センチです。雄しべは6本です。花粉は、暗褐色です。

下向き及び横向きに多くの花を咲かせたオニユリ

通常、ひとつの茎に4〜20個の花をつけ、花被片は外側に円弧型にそり返ります。

オニユリの葉腋につけたむかご

写真は、茎と葉、そして、葉腋についたむかごです。このむかごで、コオニユリと区別がつきます。やがて、むかごが落下して増えます。

オニユリの葉

葉は互生し、長さ5〜18センチ、幅は0.7〜1.5センチの細披針形で、先は鋭く尖ります。葉柄はなくむかごがつきます。

下向き及び横向きに多くの花をつけたオニユリ

ほとんど、横向きあるいは傾斜して花をつけています。人家近くで群生する多年草です。

群生したオニユリ

花の蜜を求めて、たくさんの蝶がオニユリに集まっていることもあります。道端に咲いているので、車窓からも確認できます。

2016.7.26〜