ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 4月の草花 > メマツヨイグサ

【 草花の諸データ 】

【科名】
アカバナ科
【和名・別名】
雌待宵草/Oenothera biennis L.
【撮影日時】
2015年7月25日(土)/11時15分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町茎永県道75号線沿い
【名前の由来】
小さいマツヨイグサという意味で付けられています。

【 生態状況 】

7月になるとメマツヨイグサが満開になってきます。真夏を代表する野草です。道端、野原など場所を選ばず乾燥した場所で咲いています。

鮮やかな黄色い花びらが遠くからでもすぐ目に付きます。花びらが薄いため、風にあおられ形がくずれてしまいます。なかなか花びらが整ったものを見かけることがありません。

昼間はほとんど萎んでいますが、オレンジ色に変色していないので見分けがつきます。種子島でもたくさん生えている草花です。

メマツヨイグサの原産地は北アメリカで2年草の野草です。各地の道端、荒れ地、水路付近で群生していることが多いです。

メマツヨイグサ

メマツヨイグサの花期は、6〜9月です。当然なことですが、夕方から咲き始めて、早朝になると萎んでしまいます。

メマツヨイグサの花

背丈は、1メートルを超えるものもあります。茎は直立して伸び、先端部に黄色の花を咲かせます。

メマツヨイグサ
メマツヨイグサの花

メマツヨイグサの茎は、約根元から2/3くらいは茶色を帯びています。

2013.12.18〜