1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. クシゲメヒシバ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
櫛毛雌日芝 Digitaria adscendens var. fimbriata
【撮影日時】
2016年10月11日(火)/10時48分〜10時57分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西上石寺水田
【名前の由来】
***
【コメント】
クシゲメヒシバは、通常の道沿い、畑地、水田に生える雑草のひとつです。
日本には、古代農耕(稲作栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
【注意】文中の数値は、撮影時の実測値です。
クシゲメヒシバ

クシゲメヒシバの花期は、7〜11月です。草丈は、75センチです。根元から穂の先端部までは、65〜144センチです。畑や水田に生える代表的な雑草です。

クシゲメヒシバの花序の枝

茎の先端部に、花序の枝を4〜8本つけています。長さは、5.5〜15センチです。

クシゲメヒシバの小穂

写真は、クシゲメヒシバの小穂です。披針形で先はとがり、白い長い毛が蜜に生えています。これが、メヒシバとの違いとされ、クシゲメヒシバの型とされています。

クシゲメヒシバの茎・葉

茎は、暗い褐色を帯びており、節の部分から枝分かれしています。葉の長さは、4〜9センチ、幅は、1.3〜1.4センチの線形です。なお、葉の長さは、茎を包まれている部分は、寸法に入れていません。

クシゲメヒシバの根元

根元部分を撮影したものです。茎の下部は、地面を這うように伸びており、節の部分から根を出し、また、分岐しています。上から見ると、放射状に広がっています。

2016.10.14〜