1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. エノコログサ
【科名】
イネ科
【和名・別名・学名】
狗尾草/別名ネコジャラシ Setaria viridis
【撮影日時】
2016年10月10日(月)/14時02分〜14時18分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉農道沿い
【名前の由来】
花穂を子犬のしっぽに見立てたもの。
【コメント】
エノコログサは、日当たりのよい道端、空き地、畑などで普通に生える1年草です。
日本には、古代農耕(稲作栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
エノコログサ

エノコログサの花期は、8〜11月です。草丈は、59〜70センチです。花穂で猫をじゃらすので、ネコジャラシともいう。

エノコログサの花序

花序の長さは、2.8〜5.1センチです。小穂は、2〜2.5ミリです。エノコログサの花序は、ほぼ直立します。

エノコログサの茎・茎

葉の長さは、16センチ、幅は、6〜7ミリの線形です。先端部は、鋭く尖っています。

エノコログサの群生

エノコログサの花序は、枝垂れることがありません。ほぼすべてが直立しています。中には、やや曲りの花序もあります。

エノコログサの群生画像

通常、道端や草地で、写真のごとく蜜に群生します。花序の先端部から花序下の葉までは、18.5〜34.5センチで、各個体によって、大きく違います。

2016.10.15〜