ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 10月の草花 > カッコウアザミ

【 草花の諸データ 】

【科名】
キク科
【和名・別名】
霍香薊/アゲラタム Ageratum conyzoides L.
【撮影日時】
2016年10月20日(木)/9時08分〜9時31分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市鞍勇岳之田線道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

熱帯アメリカ原産の帰化植物で、日本に渡来したのは、明治時代中期とされています。

カッコウアザミは、通常の道沿い、畑の縁付近に生える1年草です。

最近、種子島では畑付近で、見かけるようになってきました。

カッコウアザミの花期は、7〜11月です。背丈は、58〜78センチです。茎の先端部に、白い花を咲かせます。

カッコウアザミの白い花

葉のわきに花をつけており、直径は、6〜7ミリです。枝に、5〜6個の花をつけています。

カッコウアザミの茎・葉

根元付近の茎は、暗い紫色で、長さ3ミリの白い毛が多く生えています。

葉は、長さ3.7〜10センチで、幅は、1.5〜6.7センチの卵形で、先端部はとがっています。写真でも分かるとおり、シソ科の葉に似ています。

カッコウアザミ
カッコウアザミの群生

写真は、畑の縁付近に生えているカッコウアザミです。元来、園芸品種ですので、栽培されていることもあります。

2016.10.25〜