1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. オランダミミナグサ
【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
オランダ耳菜草 Cerastium glomeratum
【撮影日時】
2017年3月3日(金)/11時40分〜11時53分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和田之脇台地道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
オランダミミナグサは、日当たりのよい場所に生息しています。道端や田畑で普通に見かける花です。
全体的に黄色みがかっています。花びらは1センチ前後の5枚で白く、先は2裂しており、茎も数本に分かれています。
1月の寒い時期から咲き始めます。植物にとって暖かい場所では、一足先に春を告げるオランダミミナグサです。通常の花期は4〜5月です。
オランダミミナグサ

オランダミミナグサの花期は、4〜5月です。暖地種子島では、早めに開花します。背丈は、22〜27センチです。ヨーロッパ原産の2年草帰化植物です。

オランダミミナグサ花びら

茎が枝分かれしてその先端部に花をつけます。花の直径は、7〜8ミリです。花びらは白で5枚です。

オランダミミナグサ根元の茎

オランダミミナグサの茎は、やや赤紫色に染まっています。写真から分かるとおり、茎や葉は白い毛が多く見られます。葉の大きさは、長さ1.5〜2センチです。

畑の若いオランダミミナグサ

オランダミミナグサは、畑に生える代表的な雑草のひとつです。通常、群生します。

オランダミミナグサ群生

畑ではほかの雑草と共に群生します。花が小さいので、あまり目立ちません。

2013.12.15〜