1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. タネツケバナ
【科名】
アブラナ科
【和名・別名】
種漬花 Cardamine scutata
【撮影日時】
2017年3月15日(水)/10時19分〜10時27分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎野菜畑
【名前の由来】
苗代の頃、種籾を水に付けるとき花が咲くことで付けられています。
【コメント】
タネツケバナは、水田、畑で群生する2年草です。
花の直径は3〜4ミリ前後で、花びらは白色の4枚です。細長い円柱形の果実をつけるのが特徴です。
タネツケバナ

タネツケバナの開花時期は、通常4〜6月です。背丈は、15〜30センチです。

タネツケバナ先端部の花

茎の先端部に5〜7個の白い花をつけます。花びらは4枚です。

タネツケバナ群生

茎から枝分かれして円柱状の細い果実をつけます。その枝は上向きになっています。

タネツケバナ群生

タネツケバナは、畑でも野菜畑、マメ類の畑で群生していることが多いです。

タネツケバナ先端部の花

茎の先端部に十字型の白い花を3〜5個つけます。早春を告げる草花です。

2013.12.21〜