1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. リュウキュウコスミレ
【科名】
スミレ科
【和名・別名】
琉球小菫 Viola yedoensis var. pseudo-japonica
【撮影日時】
2010年3月2日/14時33分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉能野広域農道沿い、中種子町増田郡原
【名前の由来】
***
【コメント】
3月になれば暖かい種子島では、道沿いにリュウキュウコスミレが花を咲かせてくれます。南方系のコスミレの変種とされています。
リュウキュウコスミレは、年中花を咲かせていることもあります。一般的に大きな道路から小さな農道を走ると、畑の土手に可愛く咲いています。
場所によって少しずつ色が違いますが、基本的には鮮やかな紫色です。下の中央の花びらは、白地に紫の筋があり、その左右の花びらには、白い毛があります。
リュウキュウコスミレ

リュウキュウコスミレの花期は、11〜4月とされています。一般的には、真冬に開花するスミレですね。種子島でも多く見られます。

リュウキュウコスミレ花

背丈は、10〜15センチ前後です。株を作るような状況で道端の水路付近でも見かけます。【平成21年2月28日撮影】

リュウキュウコスミレ花

葉は、細長い卵形です。【平成21年2月28日撮影】

リュウキュウコスミレ群生

場所によっては、株を成すように群生することもあります。【平成21年2月28日撮影】

リュウキュウコスミレ多数の花

海岸付近から内陸部まで幅広く分布しています。【平成21年2月28日撮影】

2013.12.20〜