ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 3月の草花 > マムシグサ

【 草花の諸データ 】

【科名】
サトイモ科
【和名・別名】
蝮草
【撮影日時】
2015年3月27日(金)/11時10分、3月31日(火)/10時29〜37分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田住吉線沿い、古田十三番曲川線道沿い
【名前の由来】
茎がマムシのように、まだら模様になっているので付けられています。

【 生態状況 】

マムシグサが咲いてきました。日当たりの悪い湿っぽい場所に生息しています。見た目もあまり気持ちのいいものではありません。

独特のうす気味悪い雰囲気が感じられます。マムシグサは、種子島でもたくさん自生しており、車窓からもよく見かける植物です。

周辺のあちこちで、これから満開を迎えていきます。なお、マムシグサには毒がありますので、注意が必要です。

マムシグサの仏炎苞

5月になると、マムシグサの仏炎苞が開き縮れてきます。【平成27年5月6日撮影】

マムシグサの緑色の雌花

仏炎苞が縮れて下部の緑色の雌花が見えてきます。びっしりついているのが確認できます。やがて赤色に変化します。【平成27年5月6日撮影】

マムシグサは、全般的に日当たりの悪く湿っぽい場所に生えています。ときには、原っぱでも見かけることがあります。

マムシグサの若葉

マムシグサの若葉です。まだ、花序をつけていません。

マムシグサが花序を出し始めたもの

マムシグサが花序を出し始めたものです。偽茎から出している様子がわかると思います。

偽茎から若葉が出ている様子

写真は、偽茎から若葉が出ている様子です。花序はすでに出ています。

山間部の道沿いのマムシグサ

山間部の道沿いのマムシグサです。これから若葉が出そうとしているものもあれば、すでに仏炎苞が縮れて中の雌花が見えるものもあります。【平成27年5月6日撮影】

マムシグサ
薄緑色の仏炎苞

マムシグサの仏炎苞は、薄緑色のものもあります。これから、通常の色に変化するかはわかりません。白い筋も見えています。

紫色の仏炎苞

これは、通常の仏炎苞です。縦に白い筋も見えています。種子島では、やや紫色のものが多いです。

平成25年4月20日(土)、西之表市古田十三番曲川線道沿いで撮影したマムシグサを収録しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
種子島の里野道に咲く花:マムシグサ 蝮草 Araceae japonicum

2013.12.21〜