1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. ノゲシ
【科名】
キク科
【和名・別名】
野罌粟/別名ハルノノゲシSonchus oleraceus
【撮影日時】
2017年3月15日(水)/10時14分〜11時04分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎道沿い
【名前の由来】
ケシの葉に似ていることで、名前の由来になっています。
【コメント】
ノゲシは、日本全土に生えている、雑草の代表格といってもいいでしょう。道端、荒地、畑など場所を選ばず生えています。
見るからに大変丈夫な花に見えますが、茎を握って抜くと、いとも簡単に途中からちぎれてしまいます。肝心な根が残ってしまうので、厄介な雑草です。
民家の庭先にも容赦なくノゲシが出てきます。ハルノノゲシの葉は、鮮やかな緑色で軟らかく食用にもなると言われています。
ノゲシ

ノゲシの開花時期は、通常4〜7月です。場所によっては、真冬に花を咲かせていることもあります。高さは、通常、50〜100センチです。さとうきび畑で多く見かけます。

ノゲシ黄色の頭花

茎は、いくつかに分岐して枝を出しその先端部に黄色の頭花をつけます。花の直径は約2センチです。

ノゲシ白い冠毛

開花が終わると、冠毛ができます。白色で長さは約6ミリです。

ノゲシ畑の土手付近

畑の土手で開花しているのノゲシです。葉は、茎に抱き込むようにつけています。葉の縁には、鋸歯がありますが、葉がやわらかいので、触れても痛くはありません。

ノゲシ畑の縁での群生

サトウキビ畑では、縁、畑の中まで群生していることもあります。

2013.12.19〜