ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 3月の草花 > ノミノフスマ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
蚤の衾 Stellaria uliginosa var. undulata
【撮影日時】
2017年3月3日(金)/11時11分〜11時19分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市西之表岳之田
【名前の由来】
葉をノミの衾に例えて、名前が付けられています。

【 生態状況 】

ノミノフスマは、田畑でよく見かけます。花びらは10枚に見えますが、根元が深く切れ込んでいますので実際は5枚です。

ハコベに似ていますが、全体的に毛がないので見分けがつきます。通常は、群生しているのですが、付近でもこれしか見当たりません。自生が少ない雑草です。

【注意】文中の数値は、撮影時の実測値です。

ノミノフスマの開花時期は、4〜10月です。日本全土で分布するという花期の長い草花です。通常、傾斜状に伸びて先端部を持ち上げて成長します。単純に背丈は、7〜10センチです。茎の長さは、それより長いです。

ノミノフスマの花

茎の上部で枝分かれして、その先端部に純白の花をつけます。花の直径は、7〜9ミリです。花びらは、5枚です。深裂しているのです。

ノミノフスマの葉・茎

ノミノフスマの葉と茎です。茎は写真から分かるとおり、薄い茶褐色です。葉は対生し、柄はありません。葉の長さは、1〜2センチです。

ノミノフスマ
ノミノフスマ

畑の縁付近で地面に沿うように傾斜して枝分かれし、先端部に花を1個つけています。

2013.12.19〜