1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. ルリハコベ
【科名】
サクラソウ科
【和名・別名】
瑠璃繁縷
【撮影日時】
2015年3月31日/9時29〜55分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上湊
【名前の由来】
ハコベに似て、瑠璃色の花を咲かせることに由来しています。
【コメント】
ルリハコベは、海辺の近くでよく見かけますが、内陸部の少し湿っぽい場所でも群生しています。花の直径は1〜1.5センくらいで、瑠璃色がくっきりと目に付きます。花びらの瑠璃色、中心部の黄色、そのまわりの赤色、花並びも最高です。
これほど美しい花びらはありません。雨風に大変強く、花びらが散ることがほとんどありません。
密集して咲いてる様子は、きれいな瑠璃色に圧倒されてしまいます。春先で、紫色はたいへん珍しい草花です。
ルリハコベ

ルリハコベは、全般的に日当たりが良くて少し湿り気がある場所で、大きな群れをなすことがあります。鮮やかな瑠璃色に感動です。

群生したルリハコベ

花びらが小さいので、撮影も大変です。特に海岸近くで大群生しています。

開花しているルリハコベ

ルリハコベの花期は、3〜5月といわれています。種子島では、3月下旬ごろが最も見頃です。

花を2個つけたルリハコベ

ルリハコベのかわいい花びらです。中心部に雄しべが5本あります。

かわいい花をつけたルリハコベ

ここは、海辺に近い場所に生えているものです。かわいい花を咲かせており見る人を楽しませてくれます。

2013.12.20〜