ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 3月の草花 > イワタイゲキ

【 草花の諸データ 】

【科名】
トウダイグサ科
【和名・別名】
岩大戟
【撮影日時】
2015年3月31日(火)/9時15分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上湊、安城川脇海岸
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

種子島の海岸では、一足先初夏になっているのでしょう。現在イワタイゲキが花を咲かせています。花の名前の通り、ごつごつした岩の間に株があり、そこから枝が出てまっすぐに伸びています。高さは50〜60センチくらいです。

写真でも分かるとおり、黄緑色で鮮やかさがあります。したがって、遠くからもすぐ目に付きやすい草花です。先端にたくさん花を付けていますので、咲いている様子は大変きれいです。

茎から有毒の白っぽい乳液みたいなものが出てきます。触らないよう注意してください。

イワタイゲキは、場所によっては、大きな群れをなすことがあります。鮮やかな黄色に感動です。

イワタイゲキの根が露出

イワタイゲキの根が露出しているものを見つけたものです。写真のごとく、根が大変丈夫です。

海岸のイワタイゲキ

イワタイゲキは海岸に石の間に株を作るような感じで生えています。適当な間隔で、群生しています。早春の海岸の風物詩です。

イワタイゲキ

写真のイワタイゲキは、背丈の小さいものです。

イワタイゲキ
花を密につけたイワタイゲキ

イワタイゲキの蜜につけている花びらです。鮮やかな黄色が何ともいえません。

晩秋の安城川脇海岸のイワタイゲキ

晩秋の安城川脇海岸のイワタイゲキです。大小の石の隙間に自生しています。茎がこのように丸見えになっていることは、珍しいことです。一見春を思わせるような光景です。
【2011年11月19日(土)/15時26分】

平成25年3月25日(月)、西之表市伊関浜脇海岸で撮影した春を彩るイワタイゲキを収録しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
種子島の海岸に咲く花:イワタイゲキ

2013.12.21〜