ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 3月の草花 > ツクシ

【 草花の諸データ 】

【科名】
トクサ科
【和名・別名】
土筆/別名ツクシンボ・スギナノコ Equisetum arvense
【撮影日時】
2017年3月11日(土)/12時41分〜12時46分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町下中郡原
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

春を告げる草花といったら、たくさんある中でツクシもそのひとつです。特にグループや会などの名前にたくさん使われることが多く、可愛いイメージがあります。

ところで、ツクシはスギナの子供です。スギナといったら畑の代表的な雑草です。根が四方八方に広がり、とてもしつこい雑草で有名です。

しかし、ツクシは食用にもなります。場所も関係なく、スギナがあれば必ず生えてきます。

写真の場所は、畑ではなく、田んぼの水路付近に生えているツクシです。現在見ごろを迎えています。

スギナは、ほぼ日本全土に分布するシダ植物の多年草です。初春に食用にもなるツクシと呼ばれる胞子茎を出します。その後、スギナとよばれる栄養茎を出します。

ツクシの穂

ツクシの背丈は、5〜14センチです。先端部に胞子の穂がついています。

スギナの若い茎

これは、スギナの若い茎です。地下茎でツクシとつながっています。

ツクシ
ツクシの群生

場所によって、スギナは群生します。昔は、どこの畑でも普通にスギナは見れましたが、除草剤ラウンドアップの出現で、畑では見かけられなくなっています。今は、用水路付近でよく見られます。

2013.12.21〜