1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. スズメノエンドウ
【科名】
マメ科
【和名・別名】
雀野豌豆 Vicia hirsuta
【撮影日時】
2017年3月15日(水)/11時35分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎道沿い
【名前の由来】
カラスノエンドウより小さいため名前が付けられています。
【コメント】
スズメノエンドウは、畑の土手や道端に普通に生える2年草です。
花びらは大変小さく、3〜4ミリの薄紫色です。茎はカラスノエンドウとほとんど変わりません。巻きひげがあり、ほかのものに巻きついていきます。
日本各地で見られる草花です。
スズメノエンドウ

スズメノエンドウの花期は、通常4〜6月です。種子島は暖地なので、それより早めに開花します。高さは、10〜30セントです。

スズメノエンドウ群生

スズメノエンドウの花は、葉腋から伸びた柄の先端部に通常4個つけます。写真のものは、5個ついているように見えます。

頭花スズメノエンドウ

葉は、やや互生しており、通常12〜14個つけています。葉の先端部は巻きひげになっています。

スズメノエンドウ群生

通常、畑の縁及び土手付近に群生していることが多いです。

スズメノエンドウ群生

一見すると、カスマグサとよく似ています。葉の形もそっくりです。花を確認しないと判別が難しくなります。

2013.12.21〜