1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 11月の草花>
  4. タチツボスミレ
【科名】
スミレ科
【和名・別名】
立坪菫 Viola grypoceras
【撮影日時】
2017年3月18日/9時34分〜9時38分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和西俣道沿い、岳之田農道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
タチツボスミレは、人家付近の薮、道端、山間部の道沿いや土手付近に生える多年草です。
種子島では、3月中旬ごろからタチツボスミレが咲きほこってきます。群れて咲いてる様子は、たいへんきれいです。
葉は鮮やかな緑色、花は鮮やかな薄紫色でごく自然な光景です。葉はハート型で鋸歯があります。
タチツボスミレ

タチツボスミレの開花時期は、通常4〜5月です。暖地種子島では、それより早めに開花します。高さは、10センチほどです。

タチツボスミレ花

タチツボスミレの花は、通常薄紫色です。花びらは、5枚で長さは、8〜12ミリです。

タチツボスミレ葉

タチツボスミレの葉は、ハート形です。葉の大きさは2センチほどです。開花が終わると、葉はこれより大きくなるという。

タチツボスミレ群生

場所によっては、グループを成して群生していることもあります。【平成29年3月22日撮影】

タチツボスミレ花・葉

スミレの中で最もポピュラーなものです。道沿い、薮の中、やや湿っぽい場所ならどこでも咲いています。

2013.12.21〜