ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 3月の草花 > キヌラン

【 草花の諸データ 】

【科名】
ラン科
【和名・別名】
絹蘭 Zeuxine strateumatica
【撮影日時】
2013年3月25日(月)/13時35分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城本立鹿児島県農業開発総合センター熊毛支場内、西之表市古田村之町水田付近
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

キヌランは、通常、日当たりのよい場所や日陰など、少し湿っぽい場所に生えています。

キヌランの北限は種子島です。大変珍しい草花が支場内に自生しています。ほかの場所で、どのくらい自生しているか、確認していませんが、どこでも見れるというのでもなさそうです。

キヌランは、九州南部から南西諸島に分布しているとされています。

キヌランの開花時期は、3〜4月です。種子島は、キヌランの北限です。二年生の草花で、背丈は約10センチです。写真のものは、古田で撮影したもので、用水路付近で偶然に発見したものです。【平成29年4月18日撮影】

キヌラン花・茎

茎や葉は、全体的に褐色を帯びています。花の直径は、5〜6ミリの小さい白色です。

キヌラン花

背丈に関係なく花を多数つけています。花はやや下向きにつけています。

キヌラン
キヌラン花

日当たりはよく、少し湿っぽい場所に生えています。地面に苔が生えている場所を好むようです。

キヌラン花

古田で発見したキヌランです。ヒメハギと仲良く開花していました。大変珍しい光景ですよ。【平成29年4月18日撮影】

2013.12.17〜