1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. キュウリグサ
【科名】
ムラサキ科
【和名・別名】
胡瓜草/別名タビラコ Trigonotis peduncularis
【撮影日時】
2017年3月16日(木)/8時50分〜8時59分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎畑土手付近
【名前の由来】
葉っぱを揉むと、キュウリの臭いがすることで由来しています。
【コメント】
キュウリグサは、道端や田畑などで多数見られる2年草です。暖地種子島では、場所によっては、1月から咲き始めてきます。
花びらは大変小さくて2ミリ前後、薄い青紫色です。花の中心部は黄色くなっています。花びらがとても小さいので、撮影もなかなかです。花びらは5枚で近くで見るととても可愛い花です。
キュウリグサ

キュウリグサの開花時期は、通常3〜5月です。高さは、15〜30センチです。畑の土手付近で群生しているものです。

キュウリグサ花

根から放射状に出た茎は、傾斜しながら伸びています。その茎の先端部に薄い青紫色の花をつけます。開花しているのは、通常5個ぐらいです。

キュウリグサの茎と葉

写真は、キュウリグサの茎と葉です。葉には柄があります。茎と同じ色で赤みを帯びています。そして、葉や茎には、白い毛が生えています。

キュウリグサ群生

キュウリグサは、他の野草と混在して群生しています。花は小さいですが、遠くからでも青い花が目につきます。

キュウリグサ花

茎や若葉を揉むと、きゅうりの匂いがするとされます。道端で試してみると楽しいだろう。

2013.12.17〜