1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. カタバミ
【科名】
カタバミ科
【和名・別名】
酢漿草、片喰、傍食/Oxalis corniculata
【撮影日時】
2007年3月31日/10時04分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城桃園道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
カタバミは、一年中咲いていて季節感がありません。場所を問わず、あらゆる場所で咲いています。
もちろん海岸沿いでも咲いています。ほんとうに丈夫な草花です。
花の直径は1〜2センチ前後です。鮮やかな黄色が人目につきます。仲間同士群れて咲いています。
近くで見ると花並びがいいですよ。真冬でもたくさん見ることができます。
カタバミ

カタバミの開花時期は、5〜8月です。暖地種子島では、ほぼ通年花を見かけます。道端で普通に見かける丈夫な草花です。

カタバミ花びら

カタバミの背丈は、10〜20センチほどです。幅7〜8ミリ前後の花びらを5枚つけています。【平成18年3月21日撮影】

カタバミ花びら

カタバミは、ムギ栽培の伝播とともに渡来した史前帰化植物です。【平成18年3月21日撮影】

カタバミ群生

場所によっては、カタバミの群生が見られます。海岸付近でも咲いています。

カタバミ花

種子島では、ほぼ通年花を咲かせているカタバミです。畑では強害雑草です。

2013.12.17〜