1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. シマキケマン
【科名】
ケシ科
【和名・別名】
島黄華鬘 Corydalis tashiroi
【撮影日時】
2012年3月20日(火)/8時34分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉里之町国道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
シマキケマンは、海岸に近く日当たりの悪い湿っぽい場所で見かけます。現在、色鮮やかな黄色の花を咲かせています。
住吉の国道58号線沿いで見つけたものです。黄色い花ですので、よく目につきます。
緑と黄色の調和が素敵です。周辺で群生しています。どこでも見かけるという草花ではありません。
シマキケマン

シマキケマンの花期は、3〜4月です。海岸若しくは海岸に近い場所で生える越年草の草花です。花の色が黄緑色をしているのが特徴です。

シマキケマン葉・茎

高さは、30センチ前後です。葉は、広卵形の2回羽状複葉です。

シマキケマン花序

シマキケマンの花序は、淡黄色で、長さ15〜20ミリです。

シマキケマン群生

周辺でやや群生しています。小葉は、羽状深〜全裂しており、裂片は、広卵形で欠刻があります。

シマキケマン濃い黄色の花

開花がさらに経過すると、花の色が濃い黄色になってきます。そして、上唇が赤茶色に変色します。

2013.12.27〜