ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 4月の草花 > ムラサキカタバミ

【 草花の諸データ 】

【科名】
カタバミ科
【和名・別名】
紫傍食
【撮影日時】
2015年4月16〜17日(木・金)/12時30分、12時54分〜13時16分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納軍場農道沿い
【名前の由来】
紫色のカタバミということに由来しています。

【 生態状況 】

ムラサキカタバミの花は、小さいけれど密集して咲くので、道路沿いを鮮やかに飾ってくれます。草花の中でも一番多く見かけます。1本の茎に、7〜8枚の花をつけています。

ムラサキカタバミは、小規模な群を成して咲いているので、遠くからも目に付きます。雨風にも強い草花で、花びらが崩れることはありません。花の直径は2センチ前後で、可愛らしさがあります。

丈夫な花で、いつでもどこでも咲いているので、季節感がない草花です。

ムラサキカタバミは、場所によっては、大きな群れをなすことがあります。特に畑の日蔭付近でよく見られます。

ムラサキカタバミの群生

ムラサキカタバミの原産地は南アメリカといわれています。日本には、江戸時代に渡来してきたといわれています。

ムラサキカタバミの花

日当たりのよい場所では、花の色がやや白っぽくなっています。増殖力が旺盛な草花です。

ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミの花

花びらは5枚で紅紫色です。また、白い筋があります。直径は2センチ前後です。畑では強害雑草のひとつです。

2013.12.18〜