1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ウシハコベ
【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
牛繁縷 Myosoten aquaticum
【撮影日時】
2017年4月19日(水)/10時56分〜11時05分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市上能野道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ウシハコベは、日当たりのやや悪い湿り気のある道端などに生える多年草です。日本には、古代農耕(ムギ栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
ほかのハコベに比べて、葉が大きいことが特徴です。そして、茎もやや茶色っぽいです。葉は鮮やかな緑色をしています。
花びらは、1センチ前後で小さいですが、他のハコベよりは少し大きいです。また、ほかのハコベに比べて少し遅咲きです。
ウシハコベ

ウシハコベの開花時期は、4〜10月です。花期の長い雑草です。高さは、20〜40センチです。ほかの雑草とともに道端に生えているものです。したがって、背丈もまちまちです。

ウシハコベ花びら

茎は、よく枝分かれしてその先端部に花序を5個くらいつけています。花びらは、深く切れ込んでおり、5枚が10枚に見えます。

ウシハコベ茎・葉

葉は、対生しており、そこで茎が分岐しています。また、分岐点は赤褐色です。葉の長さは、5〜7センチで、幅は2〜4センチです。茎や葉には、短い白い毛があります。

ウシハコベの群生

ほかのツルソバなどの雑草とともに生えており、多くはありません。

ウシハコベ葉・茎

道沿いでは、やや湿っぽい場所に生えていることが多いです。通常、群生しています。

2013.12.15〜