1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. ヒメヒオウギアヤメ
【科名】
アヤメ科
【和名・別名】
姫緋菖蒲
【撮影日時】
2015年5月6日/9時37〜42分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉形之山
【名前の由来】
***
【コメント】
4月下旬ごろから日当たりのよい場所で、可愛いヒメヒオウギアヤメが花を咲かせてくれます。花弁は濃いピンク色をしており、直径は2〜3センチ前後で6枚。
半分の3枚には、中心付近に濃い赤色の模様があります。普通に見られるという草花ではなく、観察できる場所が限られています。
大変美しい花ですので、見る価値あります。
ヒメヒオウギアヤメ

ヒメヒオウギアヤメの原産地は、南アフリカといわれています。花期は、4〜6月です。

ヒメヒオウギアヤメ花・茎・果実

花びらは6枚で、そのうち下側の3枚は、つけ根の部分に濃い紅色の斑があります。

ヒメヒオウギアヤメ花

花びら部分を拡大したものです。中心部分の紅色が不思議な雰囲気を感じさせてくれます。

ヒメヒオウギアヤメ果実・花

開花すると急速に果実がつきます。8個つけています。

ヒメヒオウギアヤメ花・茎

民家近くでも見かけることがあります。通常は、観賞用として流通されています。

2013.12.15〜