グラジオラス

ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 5月の草花 > グラジオラス

グラジオラス
【科名】
アヤメ科
【和名・別名】
***
【撮影日時】
2009年5月23日/11時00分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉志和野・国上寺之門・下西池野農道沿い
【写真情報】
画像サイズ[@56.7KB、A27.1KB、B19.5KB]、カメラ[@OLYMPUS E-510、ACANON IXY 700、BNikon D300+TAMRON 90mm MACRO]
【名前の由来】
***
【コメント】
グラジオラスは、初夏に花を咲かせます。原産地は南アフリカといわれています。これから一斉に開花してきます。背丈が高いので遠くからでもすぐ目に付く花です。
オレンジと黄色の色合いが本当に素敵です。子供の頃、花を取って蜜を吸っていたものです。
野生のグラジオラス、種子島のいたるところで見かけます。
グラジオラスの花びら グラジオラスは、縦に伸びているので、全体を写すのに苦労します。一部の花びらを写したものです。鮮やかな花びらが印象に残ります。<--- 2006年6月4日/10時16分写す... at IXY 700
グラジオラスの茎を写したものです。線形の細長い葉は、縁取りが黒くなっているのが特徴です。縦の筋も何本か見えています。<--- 2011年5月4日/10時13分写す... at D300 グラジオラスの茎
2013.12.17〜