ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 5月の草花 > グラジオラス

【 草花の諸データ 】

【科名】
アヤメ科
【和名・別名】
別名/唐菖蒲・阿蘭陀菖蒲 Gladiolus
【撮影日時】
2017年5月23日(火)/9時10分〜9時36分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町下中夏田、茎永宮瀬川土手付近
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

グラジオラスの原産地は、南アフリカといわれています。日本には明治時代に輸入され、栽培が開始されたとされます。

今では、栽培品種のものが野生化して、畑、水田、道端などいたるところで生えています。

背丈が高いので遠くからでもすぐ目に付く花です。オレンジと黄色の色合いが本当に素敵です。子供の頃、花を取って蜜を吸っていたものです。

グラジオラスの開花時期は、4〜8月です。背丈は、60〜90センチです。通常は、畑の土手、川岸の土手、道端の草地で生えています。

グラジオラスの花

花の数は、11〜16個つけています。下から最初花を咲かせます。

グラジオラスの茎・葉

グラジオラスの茎を写したものです。線形の細長い葉は、縁取りが黒くなっているのが特徴です。縦の筋も何本か見えています。

グラジオラス
グラジオラス 土手付近

川沿いの土手付近で生えているものです。ほとんど群生することはなく、1本あるいは、まばらに生えていることが多いです。

2013.12.17〜